動物病院

迷ったけど・・・避妊手術

更新日:

こんばんは、puuです
先週にティファニーは避妊手術を受けました。
迷ったけれど、、、
ドッグランへいつでも行けることや、病気の予防
出血の煩わしさ。。。等を考慮しました
じつはわたしも以前、開腹手術を受けた事があり辛さや痛さは分かった上での決断でした
避妊手術当日
朝8:00前に動物病院へティファニーを連れて行きました。
この日を入れてまだ2度しか病院へ行ったことがないのに、看護師さんはとても温かく迎えてくれました。
ティファよりpuuの方が緊張していたと思います
看護師さんの一人がボーダーコリーを飼ってられ、少しお話をするとわたしも落ち着き、
ティファはご機嫌に、その看護師さんに連れられ病院の奥へと消えて行きました
そこから会社に行って、仕事を終え再び病院へお迎えへ
朝とは別イヌになった『テンションの低ーいティファ』と対面した
いつも控えめなティファだけど、手術後はもっと控えめに再開を喜んでくれました
いろいろと注意事項を聞き、抜糸まで自宅療養。
手術後に痛み止めを追加で1本打ったとのこと、痛みでフセが出来なかったらしい。。。
我慢強い性格だけど痛みには弱いのかな??と思いました。
先生に見送られ、お家を目指し意外と駐車場までティファニーは自力で歩きました
病院を脱出したかったのかな(苦笑)
家に帰って、ミルクでフードをふやかして更にフォークで粒を潰したものをあげました
すごいがっついて、完食
朝から何も食べてなかった。。。。とはいえ、朝を抜いただけだけどお腹が空いたのかな
エサを食べたら安心。吐くこともなかって一安心
ご飯を食べると、フラフラしながらもトイレに行き、オシッコをしました。
なるべく様子を見ててあげようと起きていたけど、puuにも睡魔が・・・。
寝るのでエリザベスカラーをつけたら。。。ティファが立って固まって怯えてどうしようもない
慣れるようすもなくかわいそうだったので、傷口を舐めないように古いわたしのタイツで腹巻パンツを作り装備!
普段は一切鳴かないのに、クゥンクゥンと鳴くのティファニー
いつもは一緒に寝ないけど布団を持ってきて添い寝しました
2日目
夜が明けると、ティファがわたしの鼻の頭を2回舐めて起こしてくれました
きのうはわたしを舐めることもしなかったけど、少し回復したよ♪って言っているようでした
きのうよりテンションも上がり、ミルクフードもバクバク
でも、痛いからか寝てるときがとても多い
時々、ピーピー鼻を鳴らし痛そう。。。。
お昼を過ぎると、ベランダで洗濯物を取り入れてると出てきた
術後丸一日が過ぎ、回復が目に見えて現れました
おやつをあげても喜んで食べるし、呼べば来る
ただ傷口を気にするので、洋服とエリザベスに代わるカラーをネットで注文しました
2週間もエリザベスは、ティファの性格を考えるとストレスで無理だし、、
だからといって、わたしが仕事に行ってる間に縫合ワイヤーをとられると困るから。。。
夕方になるにつれウロウロ歩きまわるので、目の届く範囲で行動できる部屋を少し広げてあげた
ウンチもちゃんとトイレで出来ました♪
オモチャでも遊ぶようになり、イタズラっ子にも戻りつつあります
少しダッシュも
さすが若さか、治りが早い(笑)
いや、やっぱり痛みに強いのかも
でもクゥンクゥン言うので、やっぱ痛いんだね・・・

↑手術前のティファ

-動物病院

Copyright© わんこを優先しますが、何か? , 2019 All Rights Reserved.