多頭飼いの日常

ボーダーコリーのティファニ―|小さなボーダーコリーとの出会い‐天使?悪魔??

更新日:

我が家の大事な家族である、ワンズの紹介

ボーダーコリーのティファニー編

我が家には2匹ワンコがいます。

◆ティファニー: ボーダーコリー (2012年2月23日生まれ)
◆モカ:M.ダックスフンド(2012年11月11日生まれ)

お誕生日も近く、姉妹として仲良しです。

今回は、お姉ちゃんワンコのティファニーとの出会いをご紹介します。

ティファニーについて

名  前 :ティファニー

性  別 :♀(避妊済み)

生年月日:2012年2月23日

毛  色 :ブラック×ホワイト

体  格 :小柄

性  格 :優しい・鈍感・マイペース・運動音痴

好きな物 :suu・人・犬・食べること・お散歩・ドッグラン・引っ張りっこ・ドライブ

嫌いな物 :もめ事・ゼーゼー言っている犬

出  身 :元は岡山のブリーダー。某ペットショップで7ヶ月まで売れ残って『puu&suuと運命の出会い』をした(笑)

ボーダーコリーとの出会いは突然に…

大阪市の分譲マンション(当時新築の持家)に住んでいた2012年9月の時の話です。(現在は仕事で違うところに住んでいます。)

大阪市のとあるペットショップに、何気なく行ったことが運命の出会いでした。

ペットショップに着くとたくさんの仔犬や子猫がいました。その中に普段は目にした事がなかったボーダーコリーが居ました。

アクリルのショーケースに容れられた7ヶ月になる大きな子と、サークルに入った小さな仔犬2匹。

何気なしに近くにいた店員さんに「このボーダーコリーって抱っこできますか?」と聞いてみました。私のマンションでは一応『抱えられるペット2匹までOK』となっています。ボーダーコリーにどこか憧れがあったので、ちょっと触れてみたくなったのです。

しかし、ボーダーコリーはどれくらい大きくなるかは、個体差の幅が大きい。大きい子では30キロ近くなったりします。ですので、マンションじゃ無理かな…とも考えていました。

今後本当に、将来にボーダーを飼うとなったら…どうなのかな?と、イメージしようと思ったのです。「はい、出来ますよ!この子は特に小さいんで、出してみましょうか?」そう店員さんに言われ、実際にショーケースから7ヶ月のボーダーを出してもらいました。

売れ残りの値下げされた犬

家に来た当日のティファニー

お世辞にも広いとは言えないショーケースから出てきたのは、7ヶ月のボーダーコリー。いわゆる『売れ残り』の小柄な女の子

人が好きで大人しい子でした。でもどこか寂しそうで何かを諦めてるような、撫でて欲しいのに目を合わせない。。。

「仔犬のボーダーを見に来たお客さんが、大きくなるとどうなるか?ってので、よくこの子を出してくれって言うんです。この子が目当てじゃなくて…。」そう店員さんは話した。

『そうか…。だから。目の前で他の仔犬ちゃん達は新しい飼い主さんと旅立っていくのに、自分はいつもそうじゃなかったから。』

そのボーダーコリーは仕草や目の表情などが、suuに似たところがありました。不思議なことに。

 

相手をしてくれた店員さんは飼育の長の人で、牧羊犬が大好きな人でした。閉店になるまで2時間近くお話をさせてもらい、最後には「明日まで考えさせて下さい。」と言いました…。

見に行っただけなのに…飼う気が湧いてるんです。。いや、湧いてしまったというか。

一晩寝ずに考えた。本当にボーダーコリーが飼えるのか?

ボーダーコリーのティファニー

本気で一晩寝ずに明け方まで考えました。

生き物だから慎重にならなきゃ。本当に15年くらい面倒みれるのか?

本当に今飼うのか?生活は大丈夫か?会社もあるし、旅行も行けない。

じゃ、見捨てるのか?

あの子はこの先どうなるんだろう?

家族になってあげなきゃ、あの子はやっぱり諦めてしまう。「どうせ。。。」って。

考えているうちに、何度も涙が出ました。

 

そして朝になって、「これだけ悩むんだったら、家族として迎えよう。あの子を裏切りたくない。」という結論に至りました。

寝不足丸出しで『お迎え』に行きました(笑)

寝不足すぎて家を出るのが遅くなり、ペットショップに着いたのがお昼前だったので、昨日お話をした店員さんは「来られないのかな…、と思ってました。」と嬉しそうに話してくれました。悩みに悩んで迎えに来た経緯を話すと「お姉さんなら、この子が幸せになると思ってたんで良かった。」と言ってくれました。

そして、『売れ残りの小柄な、ちょっとへそ曲がりのボーダーコリー』に、これから少し遅ればせながらだけど、すっごい幸せに羽ばたくようにブランド名からとって『ティファニー』と名付けました。

見にくいアヒルの子が白鳥になるように。という願いを込めて名付けました。

これが、ティファニーとの出会いでした。

わが家の子になって開花!お転婆な運動音痴

ボーダーコリーのティファニー

そんなティファニーですが、ボーダーなのに7ヶ月になって、私の所に来るまでお散歩すらしたことがありませんでした。

それにどうもショーケース内で大きくなりすぎないようにフードの量を減らされていたようで、ガリガリ。オモチャでも遊んだことがない。

新築の家を破壊する悪魔

ボーダーコリーのティファニー

わが家に来てからは、新築の私の家を、どれだけ荒らしてくれたことか(笑)。築1年のマンションが、1ヶ月で一気に築3年くらい経過した感じになりましたよ。

ある日は、帰ったらカーテンがボロボロに外されてました。カーテンと引っ張りっこの格闘したようです。

ある日は、お風呂に入っている間に、引っ越し祝いでもらった高価な大きな観葉植物の木の葉が、全部引きちぎって床に散らばっていました。

ある日は、ボーナスで奮発して購入したチーク素材のテレビボードが、ガリガリに齧られていました。

ある日は……ダメージは、数え切れません。

puu
ティファニーは、それでも飼いやすい子のようです。他の飼い主さんに聞いてみると…ボーダーコリーの破壊力はハンパないです。

それでも天使だと思う

ティファニーは仔犬の時の栄養制限と運動制限で、他のボーダーのようにアスリートドッグではありません。すぐに疲れるし。(ダックスのモカより先に)

ドンくさくて運動は苦手。フリスビーとか憧れだったけど、この子はそういうワンコではないんです。

それはそれで、可愛いのです。

ボーダーコリーのティファニー

-多頭飼いの日常
-, ,

Copyright© わんこを優先しますが、何か? , 2019 All Rights Reserved.