フローリングのすべり止め対策|犬に合ったすべり止め対策をしよう!

急性胃腸炎の病み上がりの認定動物看護師のpuuです。きょうはガッツリ作業しました。

何の作業をしたかというと、フローリングでボーダーコリーのティファニーが滑らないように、タイルカーペットを敷き詰めました。

まだ1歳に満たないティファニーは、日頃からリビングで走り回ります。

ヤンチャなので滑って足を痛めないか、下の階に迷惑じゃないか・・・とか色々考えてました。

ウチに来て4ヶ月が経ち、ティファニーが股関節があまり強くないこともあり、今までも色んなフローリングのすべり止め対策をしてきました。

色んなすべり止め対策をして分かったことがあります。フローリングのすべり止め対策もワンコの種類や性格によって、合う合わないがあるようです。

この記事では「フローリングのすべり止め対策|犬に合ったすべり止め対策をしよう!」について書きます。

目次

今までのフローリングのすべり止め対策

すべり止め対策

[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575″ bordercolor=”” bgcolor=”#ffffe0″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]

  1. コルクマットを敷きつめる
  2. 犬用の床のワックス材を塗る
  3. タイルカーペットを敷きつめる
puuのアイコン画像puu
詳しく1つずつ説明します!

 

フローリングにコルクマットを敷きつめる

家に来てすぐしたフローリングのすべり止め対策が、コルクマットを敷きつめることです。

puuのアイコン画像puu
コルクマットはワンコにおすすめの床材なんです。

[st-mybox title=”コルクマットのメリット” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#64b5bc” bordercolor=”#64b5bc” bgcolor=”#E8F5E9″ borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 足音(爪の音)が防げる
  • 天然素材で安心
  • 床が暖かい
  • 柔らかく犬の足に良い
  • オシッコで汚れても拭くだけでOK
  • 汚れがひどい部分は交換できる